精油を使う際の注意事項

精油はきちんとした方法で使えば良い効能があるものですが、いくつか注意事項があります。天然成分のため体に優しいと思われがちですが、誤った使い方をすると有害になることもあります。必ず注意事項を守りましょう。

精油を使う時に気を付けたいこと

原液を直接肌につけない…精油は薄めて使うのが基本です。肌に直接つけるとかぶれや湿疹を起こす可能性があるので、原液は肌につけないでください。

精油を飲まない…一部では、精油を飲むという健康法が行われているようですが、精油は飲用していい油ではありません。内臓に損傷を起こす可能性があるので、絶対に飲まないようにしましょう。

光毒性…肌に塗布した状態で紫外線を浴びると炎症を起こす、光毒性という性質を持つ精油があります。レモン、グレープフルーツなどが一例です。