アロマセラピーの定義

ここではアロマセラピーとはどんなものであるかを説明します。

アロマセラピーとは医学なのか

アロマセラピーとは、植物などの天然成分からとれた精油や芳香を用いて、病気や傷を治療したり、心身をリラックスさせたりする療法のことです。

アロマセラピーは民間療法に位置付けられますが、かといって全くのホメオパシーではありません。精油は、種類によって体内の生理的機能に作用するさまざまな性質を持つことが科学的に認められています。

現代では、うつ病やストレス、不眠、痛みの緩和、消毒、抗菌など多様な用途に使われています。

歴史を振り返れば、ヨーロッパやアラビアなど、世界中でアロマセラピーは伝統的な治療法として取り入れられてきました。その歴史については「アロマセラピーの歴史」の記事をご覧ください。